学校別対応

中学受験に対応した塾などによっては、中学校別に対応していることがあります。そのような中学受験講師の求人をする場合は、それに対応したやり方を覚えないといけないので、よく考えて選ぶようにしてください。

中学校別に対応している求人先がたまにあります。その場合講師と教えることが変わるかというとそこまで変わりません。強いてあげるなら受けるところがわかっていて、求人先自体で対応できるようになっているので、講師が勉強を教えるのがやりやすい場合があります。過去問題や対策などを求人先が知っていることがありますので、それを聞いて講師として子供に勉強をさせることで中学受験に合格しやすくなります。ただし、求人先によっては対応しているのにも関わらず、何も知らない、対応と書いているだけという場合がありますので注意です。対応策がないので講師が考えないといけません。

中学校に対応しているというわけではないですが、中学受験先で多い人が来るという場合があります。そのようなところなら対応策があることがあります。特に過去問題は結構な確率であることがありますので、求人先に確認をしてみるとよいでしょう。ただし、そのようなところは合格率が高いからということでそのような中学受験者が来ているので、結構重圧になることがありますので注意しましょう。